エコデザイン市民社会フォーラム
アクセス地図 サイトマップ
トップページ > エコ・グリーン事業
エコ・グリーン事業
2010年10月に開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)を目前に控え
森づくりによるCO2の吸収と生物多様性の保全を目的に
2009年より、新たな事業を開始します。

特定非営利活動法人エコデザイン市民社会フォーラムでは、EXPOエコマネー事業を通じて市民から寄付されたポイントの活用や企業等との連携により「なごや西の森づくり」を支援し、私たちが排出せざる負えないCO2の固定化と生物多様性の保全を目指しています。
また、愛知県・瀬戸市・豊田市・日進市・長久手町など、EXPOエコマネー事業に参画する行政や企業、市民との
パートナーシップにより、様々な環境保全活動を実施・支援していきます。

なごや西の森づくりとは
名古屋市西部に位置する戸田川緑地において、市民や企業が主体となって、苗木の植樹をはじめ木々の成長にあわせた森の手入れを定期的におこない、さらには森の観察会や動植物の調査、間伐材を利用したクラフト遊びなど、森を育て、森に学び、森を楽しむ、様々な活動をとおしながら、人と生き物の両方にとってすばらしい森の創出を目指しています。

EXPOエコマネー事業による戸田川緑地でのこれまでの活動
2006年4月に戸田川緑地において初めての植樹を実施。一般公募による約100名の皆さんと100本の苗木を植えました。同年6月にも100本を植樹。翌07年6月には、下草刈りをメインにした「エコメンテナンスツアー」を実施しました。
2008年5月には、地元幼稚園児やその家族の皆さんおよび一般参加者等による110本の植樹とこれまで植樹したエリアの下草刈りを同時に実施しました。
本年も6月14日に150本の植樹と下草刈りを行い、なごや西の森づくりに積極的に参加してきました。

今後の予定
本年10月実施予定の「なごや西の森づくりの植樹祭」に約500本の苗木を寄付するとともに、次年度にかけ、一般参加者を募った定期的な育樹作業の実施やなごや西の森づくりに主体的に参加する市民団体等への支援を行い、2万u余にもおよぶ森づくりをお手伝いして行きます。
また、植樹や育樹作業に直接参加できない方のために、EXPOエコマネーに「なごやの森づくり」への寄付を新設し、
寄付いただいたポイントの有効利用に努めてまいります。
加えて、行政・企業等との協働を推進し「森づくり」をきっかけとしたエコ市民ネットワークの拡大を目指します。


詳しくは以下までお問い合わせください。
お問い合わせ
TEL: 052-937-5660