エコデザイン市民社会フォーラム
アクセス地図 サイトマップ
トップページ > EXPOエコマネー事業
EXPOエコマネー事業
「EXPOエコマネー」は、2005年3月25日から9月25日まで、愛知県(瀬戸市、豊田市、長久手町)で開催された2005年日本国際博覧会(愛・地球博)で協会事業のひとつとして実施された、人と地球にやさしい環境通貨の実験事業です。

地球温暖化防止や循環型社会の実現を目的に、市民・企業・行政それぞれの「環境に配慮した行動」によってCO2排出を削減し、ポイント寄付等による植樹でCO2を固定化するこの協会事業には、会期中、約60万人の来場者の参加を得ました。  

写真
写真
EXPOエコマネーとは?
写真
写真

財団法人2005年日本国際博覧会協会とNPO法人エコデザイン市民社会フォーラムでは、185日間、市民・企業・行政の力を合わせたこの成果を守り育てていくために、2005年11月20日に名古屋市金山に「EXPOエコマネーセンター」を移設オープン。約1年間、この実験事業を社会に広める形で継続しました。

博覧会協会の業務終了に伴い、2006年12月1日からは、博覧会協会の継承団体である財団法人地球産業文化研究所を始め、中部経済産業局、愛知県、名古屋市等の行政機関、企業・団体、そしてなにより多くの市民の皆様の協力を得て、新たな事業として再スタートし、現在では愛知県内19箇所にポイントサービス拠点を開設いたしました。

わたしたち一人ひとりの環境への配慮と行動のネットワークをさらにひろげ、21世紀の世界に求められている「人と地球にやさしい社会づくり」の実現をめざします。

詳細はこちら
http://eem.jp/