[ 目的 ] [ 愛・地球博での成果 ] [ 環境配慮行動とは ]
目的

「EXPOエコマネー」は、2005年3月25日から9月25日まで、愛知県(瀬戸市、豊田市、長久手町)で開催された2005年日本国際博覧会(愛・地球博)で協会事業のひとつとして実施された、人と地球にやさしい環境通貨の実験事業です。

地球温暖化防止や循環型社会の実現を目的に、市民・企業・行政それぞれの「環境に配慮した行動」によってCO2排出を削減し、ポイント寄付等による植樹でCO2を固定化するこの協会事業には、会期中、約60万人の来場者の参加を得ました。

財団法人2005年日本国際博覧会協会とNPO法人エコデザイン市民社会フォーラムでは、185日間、市民・企業・行政の力を合わせたこの成果を守り育てていくために、会期終了後も約1年間、この実験事業を社会に広める形で継続しました。

2006年12月からは、これまで協会からEXPOエコマネー事業の運営を任されてきたNPO法人エコデザイン市民社会フォーラムが、中部経済産業局、愛知県、名古屋市等の協力を得、新たな事業として実施しております。

EXPOエコマネーセンターでは、今後も「持続可能な社会」の実現を目指し、皆様に愛されるシステムづくりを行っていく所存です。

[ 団体情報 | よくある質問 | お問い合わせ | EXPOエコマネー協賛・協力団体 | プライバシー・ポリシー | サイトマップ ]