[ EXPOエコマネーセンターの概要 ] [ EXPOエコマネーセンター日記 ]
[ セカンド・シーズン ] [ ファースト・シーズン ]


7月31日 日曜日
EXPOエコマネーセンターの来館者数が30万人を越えました。
30万人目は福岡市博多区からお越しになられました鐘ケ江理佐ちゃん(8歳)と綾香ちゃん(11歳)のかわいいご姉妹です。
中村博覧会協会事務総長からキッコロ・モリゾーのぬいぐるみとEXPOエコマネーセンター特別パックを、稲本エコデザイン市民社会フォーラム理事(トヨタ白川郷自然学校校長・オークヴィレッジ代表)から森の合唱団(木琴)が贈られました。
EXPOエコマネーセンターはとてもほのぼのした雰囲気に包まれました・・・
理佐ちゃん、綾香ちゃんまた愛・地球博にお越しくださいね。

夕方になってミスターPinことドイツ・ハノーバーから来られたエルハルトさんが50ポイントを貯めたので植樹証の交換に来られました。
50ポイントのほとんどをEXPOエコマネーセンター来場ポイントで貯められたのです。
“エコマネーセンターの息子”とエルハルトさんに呼ばれて可愛がられているスタッフの山本君と事務局長とのスリーショットが実現しました!
いや〜、海外からのお客さんで植樹証を交換される方が出てくるとは本当にミラクルです。

7月30日 土曜日
EXPOエコマネーセンターは2度3度と来場されるほど味が出てくるのは皆様ご存知だと思いますが、2度目3度目の方のポイント交換までの流れを分かりやすくするために写真のような案内板を設置してみました。

初めて来館された方は左に・・・
ポイント交換をされる方は右に・・・
てな具合でお願い致します。

7月29日 金曜日
読売新聞のジュニア特派員で豊田市保見中学校の皆さんが取材に来られました。
添谷エコマネーセンター長(博覧会協会)からEXPOエコマネーの概要の説明のあと、熱心に質問をされたり、実際にエコマネーの発行を体験されたりしました。
記事が出るのを楽しみにしていますね。

7月28日 木曜日
EXPOエコマネーセンターに来館していただく方が多くなり、また何度もお越しいただく方も多くみられるようになりました。
ということで、スムーズなお迎えができないだろうかと色々と考えているのです。

その一つの実験として、初めてお越しの客様と何度かお見えのお客様の流れを分けてみようという実験をしてみました。
いろいろなパターンを考えてみようと言うことで、平日を中心にEXPOエコマネーセンターのレイアウトが少し変化していることがあると思います。
EXPOエコマネーセンターにお越しの際は、レイアウトも少し気をつけて見てくださいね。

7月27日 水曜日
出ました!500ポイント植樹証!
三好町から来てくれた未彩(みいろ)ちゃん10歳と冴音(さえね)ちゃん7歳のかわいい姉妹です。
EXPOエコマネーセンターでしか手に入れることができないモリコロコースターを手にご機嫌なお二人でした。

お昼には「2005アピタ・ユニー自然探検」の元気の良い19名の隊員たちが来館してくれました。
スタッフの北村君が色々なクイズを出しながら、エコマネーについて勉強をしてくれました。
そして、それぞれ隊員たちがもってきたノーレジ袋のスタンプ・シールをエコマネーポイントに変えて、気に入ったものと交換してくれました。

さらに・・・夕方にはNHKの「ほっとイブニング」の生中継が入りました。
名物スタッフの牧君がいつもながらのテンションで頑張ってくれました。

7月26日 火曜日
台風7号接近。
昼過ぎに閉園か?・・・と思いきや、台風は東にそれていきました。
なんとなくのんびりしている博覧会会場です。

そんな中で、嬉しいお客様がお見えになりました。
まずは、先日行われました「トヨタ白川郷自然学校」の旅懸賞に当選された名古屋市天白区のひびきくんが“思いで”というお土産を持って遊びに来てくれました。
「とても楽しかったよ!」ってスタッフにお話してくれました。
そのうえ、50ポイントを植樹に寄付をしてくれ、植樹証もゲットしてくれました。

そしてもうひとつ・・・お名前を伺い損ねたのですが、植樹証を額縁に入れて飾っていただいているご家族の方がお見えになりました。
7月19日に浴衣で来館いただき、“夏っ〜!”の雰囲気で記念写真を撮っていただいておりました。
また浴衣でお越しください!

台風一過。
素晴らしい虹が愛・地球博会場に架かっていました。

7月25日 月曜日
本日より、EXPOエコマネーセンターも夏休みバージョンということで、商品交換の点数や500ポイントや1000ポイント植樹証などがスタートしました。
そして、NPO法人サイクル・エコが藤ヶ丘駅と博覧会会場にステーションを設けて運営しているレンタルサイクルを利用しますと利用証明書が発行されます。
この利用証明書をEXPOエコマネーセンターにお持ちいただくとエコマネーポイント1ポイントになります。
藤ヶ丘から自転車で博覧会会場にお越しいただくというのはどうでしょう。

それともう一つ・・・
西川福井県知事が来館されました。
EXPOエコマネーについてスタッフから一通り説明を聞かれた後、色々と質問をいただきました。
福井県でもEXPOエコマネーが広がるとうれしいです。

7月24日 日曜日
明日から始まる500ポイント、1000ポイント植樹証のデザインが出来上がりました。
今回も環境デザイナーである谷口事務局長の手によるものです。
EXPOエコマネーセンターのロゴも“どんぐり〜ず”のキャラクターも事務局長デザインなのですよ。
そして“エコポンくん”や“リーダーくん”も・・・。
人はみかけによらないでしょ!(笑)

7月23日 土曜日
瀬戸からお越しの大野さんが1640ポイントをお持ちになって来館されました。
環境配慮衣料を交換され、残りのポイントを植樹に寄付いただきました。
1回のポイントでは最高ポイントとなりました。
お話によると、もう博覧会に来る予定がないとのことでしたが、是非閉幕までにもう一度EXPOエコマネーセンターにお越しいただけることを願っております。

7月1日から交換開始をしておりました「生分解性のモリコロカップ」ですが、なんと今日で予定数の交換が終わってしまいました。狙っていた方、ごめんなさい・・・。

7月22日 金曜日
今週は21万人の反動なのでしょうか、静かな日々が続いております。
一方気温はぐんぐん上昇し、最高気温は36度まで上がったようです。
EXPOエコマネーセンターの裏側には小さな花壇が整備されています。
そこでは季節の花が咲き乱れているのですが、さすがにこの暑さでは花たちも少々夏バテしているように見えました。
みなさんも体調には気をつけて愛・地球博をお楽しみください。

7月21日 木曜日
50ポイントを植樹に寄付いただいた方にお願いをしております記念写真がいっぱいになりましたので、掲示場所を大きく変更いたしました。
写真を既に撮っていただいている皆様に確認していただきやすいようにしました。
是非、EXPOエコマネーセンターにご来館いただくたびにご確認いただければと思います。
もし、見当たらない場合はお近くのスタッフにお気軽にお声をお掛けください。

7月20日 水曜日
本日から、EXPOエコマネーセンターの運営を担っているNPO法人エコデザイン市民社会フォーラムのボランティアスタッフが着用する新しいスタッフジャンパーが登場しました。
写真のモデルはエコマネーセンターの“サムライ”事務局長補佐の辛島君です。
なかなかカッコ良いでしょ?

それと、ダイエット宣言の記入台も新しく登場です。
ダイエット宣言はEXPOエコマネーポイント1ポイントですので、まだ宣言されていない方は是非宣言してくださいね。

そして・・・トヨタ白川郷自然学校参加された方が早速ご来館され報告をいただきました。
自然学校と言うだけあって、やっぱり学校なんだと言うことが実感できた2日間でした・・・というご感想をいただきました。
でも「とても良かったですよ!」というお言葉をいただき、スタッフ一同胸をなでおろしました。
このツアーにご参加いただいた皆様のご来館お待ちしております!

7月19日 火曜日
7月25日から商品交換と植樹が少し変わります。
商品交換には40ポイントで生分解性プレスチックのネット5組セットというのが登場します。

また、植樹証に500ポイントと1000ポイントが新設されます。
500ポイントにはモリ・コロの焼印を押しましたコースターがいずれか一つ。

1000ポイントではEXPOエコマネー特性ピンバッチを差し上げることになりました。
これまで植樹に寄付頂いた方は、これまでの寄付のポイントがそのまま加算されることにしました。

なので、これまでどおり50ポイント植樹証をゲットしていただき、その積み重ねが500ポイント、1000ポイントになるようにしました。

夕方には大阪から、「大阪コミュニケーションアート専門学校エココミュニケーション課」の学生さん50名がお見えになりました。
昨年、谷口事務局長が特別講義に招かれた事が縁での来館です。
3連休が終わった直後ということもあって、信じられないぐらい静かな博覧会会場でしたので、ある意味とってもタイミングが良い見学会だったのではないでしょうか。
EXPOエコマネーセンターには先生顔に戻った谷口事務局長の姿がありました。

7月18日 月曜日
8月末から実験が始まる“交通エコポイント社会実験”のイメージキャラクターであるエコポン君のフィギュアが登場エコマネーセンターに登場しました。
昨年、ポートメッセで開催されたITS世界会議の名古屋大学NU TRENDブースに飾ってあったエコポン君と同じじゃないか!とおっしゃる方が居るかもしれませんが、ちょいと違います。
エコマネーセンターに飾ってあるエコポン君は“EcoPon 2005”なんですよ(笑)

17日〜18日にかけて「トヨタ白川郷自然学校留学」の写真が届きました。
皆さんとてもよい笑顔です。
詳細は「EXPOエコマネーセンター日記番外編」でご紹介させていただきますね。

7月17日 日曜日
今朝から異常なほどに人が入っています。
その上湿度は高いし・・・。
そのような中で、今日は地球市民村で「村祭2」が開催されたのでした!
エコマネーの特別ブースにも多くの方がお見えになり、ビンやペットボトルをせっせと返却していただきました。
そして、“ゆうこりん”こと fm-lovearthのDJ中内祐子さんが飛び入りでエコマネー発行係を手伝ってくれました!
おかげでエコマネーのブースも大盛り上がりとなりました。
「ゆうこりん」ありがとう!

さて、祭りも終わって、DJノリ上野が一言「本日の来場者は21万人を越えました!」
ひぇぇぇぇ〜

7月16日 土曜日
EXPOエコマネーセンターのパネルが替わりました。
多くの皆さんが来館されるようになりましたので、できるだけ多くの方に見やすいように変更したつもりです。
もっとも大きな変更としては、インフォメーションボードを作ったことです。
ここに、EXPOエコマネーセンターの最新ニュースをお届けするようにしますので、皆さん、このボードを必ずチェックしてくださいね。

また、EXPOエコマネーの懸賞で「トヨタ白川郷自然学校留学」にご当選された方が朝名古屋駅を出発されました。どんな留学になるのでしょうか・・・。

7月15日 金曜日
EXPOエコマネーは博覧会会場のあちらこちらで貯めることができるのですが、その一つに森の自然学校があります。
森遊びセレクトツアーというのがあって、これは予約をしないでも最初に簡単なレクチャーを受けると森の中に入ることができるプログラムです。
最初に階段を上るのですが、上りきった先に突如目に入るのが写真の“葉っぱのドーム” 。

博覧会が始まった当初はほとんどなかった葉っぱなのですが、ここにきて、かなり葉っぱに覆われてきました。
なんか、EXPOエコマネーセンターにある「どんぐり〜ずの樹」とイメージがダブってしまいます。

7月14日 木曜日
12日にOAしていただいた中京テレビの「EXPOプレス」の影響がまだまだ続いています。
さすがに30分番組を全てEXPOエコマネーセンターから中継したというインパクトが大きかったのでしょうか。

出演したスタッフの北村君も多くのお客さんから「見たよ!」と声を掛けられていました。
最初は少々とまどっていましたが、なんか応援してもらっているようで嬉しい・・・というコメントが出るほど、余裕がでてきたようです。

7月13日 水曜日
今日は東海テレビ「万博ぴーかん」ロケが入りました。
昨日に続いて2日連続です。
福島アナウンサーがエコマネー初体験という設定でロケが始まりました。
今回担当するのはスタッフの緒方君です。
不思議キャラの緒方君の熱弁を藤井アナは本当に納得して聞かれていたようで、「エコマネーが良く分かりましたよ」と言っていただきました。
OAは7月20日です。皆さん、是非ご覧ください!

また、夕方にはEX-campusという愛・地球博市民プロジェクトの一つで、地元の大学生が中心となって活動しているインターネット放送局の取材がありました。
こちらの取材にはスタッフの門上(もんじょう)君が担当。
女子大生に囲まれて無骨な門上君の受け答えがなんとも言えずほほえましかったです。
編集が終了次第インターネットにて見ることができるそうですので、EX-campusのスタッフから連絡が入りましたらこの日記でご案内させていただきますね。

7月12日 火曜日
中京テレビ「EXPOプレス」の生中継が入りました。
メインキャスターの藤井アナウンサーがスタジオを飛び出して、EXPOエコマネーから番組を中継すると言うものでした。

スタッフは北村君に白羽の矢を立てて、藤井アナウンサーとの掛け合いに挑んでもらいました。
二人のテンションの高い掛け合いは絶妙で見事であったのではないかと・・・。
藤井アナウンサーは自らエコクーピョンなどを準備され、エコマネーのシステムを熟知して中継に望まれたその姿勢には感服致しました。
午後からは「EXPOプレス」を見たよ!というお客様で大賑わいの1日でした。

7月11日 月曜日
先週の金曜日の夕方から博覧会協会の環境管理室というEXPOエコマネーの担当部局がWEBアンケートを行っているようです。
環境系のパビリオンやプログラムなどについてアンケートをしているのですが、その中でもEXPOエコマネーに関する記述がかなり特出して多いという話を聞きました。
皆さん、ありがとうございます。

7月10日 日曜日
愛・地球博公式FM局である「fm lovearth」と地球市民村がコラボで始めた“村祭”その第2弾「村祭2」が17日(日)に開催されます。
この「村祭」の仕掛け人であるDJノリ上野がEXPOエコマネーを運営しているNPO法人エコデザイン市民社会フォーラムの理事でもある飛騨の木工集団オークヴィレッジ代表の稲本正氏と番組で出会った事で、DJノリ上野の直感がピピピっと閃き、EXPOエコマネーが「村祭2」にジョイントすることになりました。

メインは「村祭」での飲料のビンやペットボトルのデポジットをエコマネーでやってみようというもの。
なかなか面白そうでしょ?

7月9日 土曜日
最近のエコマネーセンターはなんと朝の行列ができるのです。
マスコミの方にお話をすると信じてもらえないのですが、本当に5〜10名ぐらいの方が並んでくれるのです。

ということで、百聞は一見にしかずってなわけで証拠写真を撮ってみました。
ねっ、本当に行列ができているでしょ!

7月8日 金曜日
夕方6時でしょうか、10組ちかい親子のグループが来館されました。
お母さんが10名、子供さんは20名近くいたでしょうか。
対応したスタッフの北村君はあっという間に幼稚園の先生状態になってしまいました。
良いこのみんなぁ〜北村お兄さんのエコマネーのお話は良く分かりましたか?

7月7日 木曜日
なんと、とうとう500ポイント商品だった時計の在庫がなくなってしまいました。
当初は500ポイントを貯める人が出てくるのだろうか・・・などと話をしていたのです。
本当にびっくりしました。
時計を狙っていてゲットできなかった皆様ごめんなさい。

7月6日 水曜日
これまで植樹証記念写真用に使っていたカメラをチェキに交換しました。
予想以上に植樹証をゲットされる方が多数お見えでしたので、これまで使っていたプリンターがとうとう悲鳴を上げてしまい、しばらく療養に出すことになりました。
これまでお疲れ様でした・・・

7月5日 火曜日
今日は、お向かいにあるヨルダン館のナショナルデーです。
ヨルダン館は死海のプールと死海の泥パックで人気のパビリオンなのですが、エコロジーに関しても関心が深い国で、ヨルダン館もEXPOエコマネーに参加してくれています。
このナショナルデーのために、ヨルダンから来日した、「ヨルダン・アームド・フォースド・バンド」がEXPOエコマネーセンターとヨルダン館の間の通路を何度も行き来して、とても賑やかな1日でした。

7月4日 月曜日
TBSテレビが深夜帯でオンエアしている“しゃちっ娘”の収録がありました。
テニスウェアで登場したタレントのさくらさんがスタッフ代表として牧君にインタビュー。
牧君からEXPOエコマネーの説明を聞いて、さくらさんもエコマネーをためよっかなと気持ちが傾いているようでした。

EXPOエコマネーのオンエアは8月の後半なのだそうですが、東京ローカルのオンエアなので名古屋では残念ながら観ることはできないのでした・・・(ToT)/~~~

7月3日 日曜日
愛・地球博メッセージイベントに関わっている日本人を含む愛知県内の留学生9名が原田・福井・牧村の3チーフプロデューサーとともに来館してくれました。
21世紀最初の国際博覧会が愛知県で開催されることの意義について検討をされているそうで、谷口EXPOエコマネーセンター事務局長の説明を熱心にメモをとり、質問も数多く出されました。
これからの愛知県をよろしくお願いします!

7月2日 土曜日
バイオマスプラスチック食器を探そう!というキャンペーンが始まりました。
エコマネーセンターではモリ・コロのイラストの入ったバイオマスコップがEXPOエコマネー40ポイントで交換ができます。
バイオマスプラスチック食器をお探しの方、要注意ですよ〜!

7月1日 金曜日
本日は滋賀県の日。
この日に合わせて滋賀県立大学・イベント計画グループの皆さんが主催された“LOVE☆モリゾーバック”に参加され方々にEXPOエコマネーが発行されました。
これは、モリゾーがイラストされたマイバッグを作ろうという企画で、これを持って買い物に行って、レジ袋を断りましょうというものです。
EXPOドームで行われたのですが、あいにくの雨天がちょっと残念でした。

[ 団体情報 | よくある質問 | お問い合わせ | EXPOエコマネー協賛・協力団体 | プライバシー・ポリシー ]