[ EXPOエコマネーの簡単なルール ] [ ポイントをためよう ] [ エコ商品に交換 ] [ 植樹のために寄付 ] [ ITシステムについて ]
ITシステムについて

■愛・地球博入場券のICチップ
0.4mm角の超小型ICチップを入場券に埋め込むことで、入場券1枚1枚に固有のID(認識番号)を付与することが可能になるとともに、入場券を機器にかざすだけで簡単にIDを確認することができます。
EXPOエコマネー事業では、このICチップの機能を活用し、IDで管理されたデータベース上で EXPOエコマネーを管理しています。
また、ICチップのIDは128ビットのデータからなり、約 3.4 × 10の38乗通り、すなわち事実上、将来に渡って重複のないIDを付与することができます。
レジ袋削減シール台紙など協力店で獲得したポイントはEXPOエコマネーセンター内のICチップリーダーでポイントに交換できます。
■FeliCaの導入
経済産業省より事業採択された、「平成20年度環境負荷低減国民運動支援地域振興事業費補助金 」により、全国規模で急速に普及が進む電子マネー等でもポイントの獲得が可能となるシステムに拡張を行いました。
愛・地球博入場券をマスタIDとし、電子マネー等に内蔵されているFeliCaチップの製造IDをサブIDとして登録することで、入場券・電子マネー等のいずれからでも、本人のデータベースにポイントの加減算が可能となりました。
また、愛・地球博入場券に未登録の電子マネー等では、仮データベースが生成されるので、多くの皆様が別目的で入手済みの電子マネー等で、すぐにポイントが貯められます。
※愛・地球博入場券への登録方法はこちら
■インターネット・アクセスと成果の公表
獲得したポイントは携帯電話やインターネットに接続されたパソコンで確認することができます。
また、データベースで管理されるEXPOエコマネーの発行量などを元に、参加者のエコ活動の成果を当Webサイトで公表しています。

※FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
[ 団体情報 | よくある質問 | お問い合わせ | EXPOエコマネー協賛・協力団体 | プライバシー・ポリシー | サイトマップ ]