第4回ペイ・フォワードの日ミニセミナー
「ロハス・シティの夜明け」


■日 時:5月22日(月)19:00〜20:30

■場 所:EXPOエコマネーセンター

■内 容:EXPOエコマネー事業を運営する「NPO法人 エコデザイン市民社会フォーラム」理事・稲本 正(作家、工芸家、オークヴィレッジ代表)と、中日新聞 論説委員・飯尾 歩さんが、「健康で持続可能な暮らし」について語りあいます。

■参加料:無料 <参加者には1ポイント発行>

■講師紹介:
○稲本 正
作家、工芸家。1945年富山県生まれ。
1974年に工芸村「オークビレッジ」を設立、代表となる。1999年、長年の環境保護運動の功績により「みどりの日」自然環境功労者表彰受賞。現在、トヨタ白川郷自然學校校長、日本環境教育フォーラム常務理事などを務める。『森の惑星』(世界文化社)、『森の自然学校』(岩波新書)、『森と生きる。』(角川書店)など著書多数。

○飯尾 歩
中日新聞論説委員。1960年 愛知県津島市生まれ。
1985年 中日新聞入社、岐阜総局などを経て1992年より名古屋本社へ。生活部生活経済班で農政や環境問題、主にゴミ問題などを担当。産業廃棄物キャンペーン「どうするゴミ列島」取材班などに参加、2002年から中日新聞社名古屋本社論説委員。環境と農業を主に担当。