レターヘッド
電車に乗るときにピッ。お買い物するときにもピッ。いま、私たちの生活の様々なシーンで活躍中のICカード。それらの多くは「FeliCa(フェリカ)*1」という非接触ICカード技術方式を使用しています。電子マネーやIC乗車券のほか、最近ではケータイ電話や社員証、学生証などにも内蔵されていたりと、みなさんも1つはお持ちではないでしょうか。
このように別目的で既に手にしているFeliCaが、この秋からEXPOエコマネーのポイントカードとして使用可能になります。
ご存知のようにEXPOエコマネーでは、愛・地球博入場券をポイントカードとして使用していますが、FeliCaチップを内蔵したものを、これまで使ってきた愛・地球博入場券に子カードとして登録することで、いずれのカードでもポイントの加算・減算処理が可能となります。
銀行口座の本人用キャッシュカードと家族用カードの関係をイメージすると分かりやすいですね。
また、愛・地球博入場券に未登録のFeliCaで取得したポイントは、仮ポイントとして保存され、子カードとして登録した時に、ご自分のポイント口座に合算される仕組みなので、新たに入手した電子マネーやケータイ電話などでも、その日からポイントを獲得することができます。
実際にFeliCaでポイントがためれるシステムの運用は、今秋から冬にかけての時期に順次開始する予定です。
この対応に合わせて、(株)セディナとの提携により、Edy*2機能付きクレジットカード「EXPOエコマネー GREEN Card」も発行します。
EXPOエコマネーのポイントがたまるのはもちろんのこと、カード決済額の0.25%が植樹事業等のためにEXPOエコマネー事業に還元する「エコ」支援クレジットカードです。
EXPOエコマネーセンター(金山)等で「入会申込書」をお渡ししています。

インターネットからのお申込みは、こちらのページの最下部「お申込みはこちら」をクリックしてください。

*1) 「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
*2) 「Edy(エディ)」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
2008年9月10日